色を見る目の働き

人間の目は 最高でおよそ100万色を 見分けることが できるといいます。
それを見分けている
“目”の働きって
目には
色を読取る感知器が
『赤』『緑』『青』
光の中の3原色と呼ばれる
 赤 黄 青
それぞれに系統づけられる色
256×256×256 色
<font color="green"><font size="5"><strong>16,777,216</strong></font></font>
“目”は全ての色を
読取れるわけではありませんが
目に見える色、見えない色をあわせても
私たちが持つ
色を読取る3色の感知器は
テレビのモニターにも
応用されています。
光の3原色と目の3つの感知色は
赤と青は同じですが
黄色と緑 がことなってますよね。
黄色は光と同化し
光に馴染んで認識しずらく
読取ることが難しい色です。
※カラーコピー機で  光に近い蛍光の黄色を  コピーすると映りにくいですよね。
では、
色はどうやって 見えているのでしょう?
『赤』『緑』『青』  ⇔3色の感知器で
赤色を見る時は、『赤』
黄色は、『赤』と『緑』
マゼンタ(赤紫)は、『赤』と『青』
というふうに使い分けて 色のグラデーションを 見分けているんです。
<img src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/66/6f/e5382bfc46160ebae1224c1c7efba8b6.jpg" border="0"> <font color="gray">*参考画像リンク*オリジナルではありません。</font>
人が見える色は(可視光といいます) 100万色というだけでも 凄い数ですが…
地球上に降り注ぐ 光の中では
ほんのわずかな 波長の数でしかありません。
見える色と見えざる色。
私たちの見える色の世界と 動植物の見える色の世界は 違っているんです。
虹色の世界は 目だけでなく肌でも感じられています。

Grenadier

ーグラナディエー “すべての応えは 貴方の中にある” 色が導く  心と身体の健康美 選び取る色から 様々な情報を紐解く 色のロジック カラダ、経絡・チャクラの知恵 ココロ、感情、精神成長 仕事、恋愛、人間関係、才能、潜在力 etc 自分らしく在るための 未来を拓く  色彩心理をお贈りします